消費者金融一覧

MENU

消費者金融一覧から見る借りやすさについて

インターネットの検索機能などで消費者金融関連のキーワードを用いると、よく消費者金融一覧というようなサイトがヒットするものです。ですから消費者金融からお金を借りたい人は、その一覧の中から手頃な会社を選べるのです。それは利用者にとっては、とても便利であるに違いありません。

 

ただ、注意しなければならない点があります。それは、消費者金融一覧の中から借りやすい会社を選ぼうと思うような場合、自分にとっての借りやすさとは何かを明確にしておくことが大切だという点です。
たとえば、とにかく低金利で利息の支払い負担が小さい会社を探し出したい場合は、金利の具体的な数字にばかり目が向いてしまいがちです。しかし、低金利の会社では審査の難易度が高くなることが多いので、自分の属性の高さに自信のない人は要注意です。

 

同様に、とにかく審査の難易度が低い会社を探したい人は、審査ばかりに注目していては片手落ちです。なぜなら審査の難易度が低い会社ほど、金利は高くなってしまうので借りにくさを感じるものだからです。
ですから借りやすさで消費者金融を選ぶといっても、なかなか簡単ではないのです。そもそも、どんな会社が借りやすいのかは、人によって見解が違います。誰にでも共通した絶対的な借りやすさなどは、存在しないと考えるべきです。こうした点をよく理解した上でないと、借りやすい会社は見つからないかもしれません。つまり、ただ漫然と消費者金融一覧を眺めているだけでは埒があかないということです。
詳しくは:借りやすい消費者金融!ブラック・自己破産・債務整理でもOK

消費者金融の過払い請求のメリット・デメリット

ここ数年、様々なメディアで耳にすることがある過払い金請求ですが、最近ようやくその動きを緩やかにしてきました。そもそも、過払い金請求とはどういうものなのかというと、今から約10年前ぐらいまで、消費者金融会社を中心にしたカードローンなどの金利は、29%程度で貸し付けを行っていたのですが、厳密に言うとこの金利は法律違反だったのですが、厳密な法律がなかったため、この金利を設定している金融機関が多かったです。

 

この金利をグレーゾーン金利と言いますが、このグレーゾーン金利を禁止する法律が10年前に制定されることになりました。この法律の特長として、過去にグレーゾーン金利を払っている人は過去に遡って払いすぎた金利分を取り戻すことができるようになったことです。現在の金融の金利上限は20%ですので、少なくとも9%分のお金が戻ってくることになります。

 

過払い請求のメリットとしては、現在借入がある方でも、請求することで、元金がなくなる事が多いということです。払いすぎた金利分には、金融側に利息が課される事が多く、利用者が思ってもみないほどの金額のお金が戻ってくることが多いので、元金の相殺はもちろん、さらに多額のお金が手元に残ることが少なくありません。過払い請求のデメリットとしては、特に消費者金融に関しては、一度請求をすると二度と契約を結ぶ事ができなくなるということです。再度融資を同じ会社からしようとしても可能性は低いです。